男性と女性の求人案内

男性と女性の求人案内についてについてです。

もしも仕事を探している男性がいたら、様々な場面で求人情報に目を配っています。

男性向け求人か、女性向け求人か、はっきりしない求人情報が最近は少なくないといいます。

求人に男性のみ、女性のみという書き方は男女機会均等法違反になります。

この法律があるために、男女どちらも採用可能な書き方しかできません。

女性が活躍中とか、若い男性の多い職場などという感じで、暗黙に男性や女性に限定して、応募しやすいような求人広告の書き方をしていることも少なくありません。

表向き、求人情報に書かれていることだけを鵜呑みにするなら、男女どちらでも採用可能性があります。

男性が活躍中と言った書き方をするということは、本音では男性でないと困る事情があったりします。

男性に対しての求人であることを、企業側が主張しているともいえるでしょう。

仮に女性が求人を見て応募をしても、書類選考なり、面接なり、どこかのタイミングで採用不可となるでしょう。

企業画側は、採用しなかった時に理由を話さなくてもいいことになっています。

男性限定もしくは女性のみの募集といった求人ではなくてもイメージで分かります。

企業側が求める性別と逆の人が求人の応募に来てしまった場合は、企業は早い段階で不採用の連絡をその人にすることになります。