社会保険労務士の仕事収入

社会保険労務士の資格を活かした仕事は、いずれも高収入という印象があります。

社会保険労務士とは、社会保険や労務管理の専門知識を持った人です。

独立してもいいですし、社労士事務所を開業したりできますし、金融機関でも重視されています。

高収入の仕事についているかは人それぞれですし、社会保険労務士の資格の生かし方も職場環境によります。

社会保険労務士の年収を平均すると、760万円になるというデータもあります。必ずしも高収入という印象を受けないかもしれません。

450万円の年収で働いている人もいれば、年収にして3000万円を得ているという人もいます。

社会保険労務士は、資格があれば収入が増えるというものではなく、どんな働き方をするかが重要であるといえるでしょう。

社会保険労務士の資格を得て働いている人には、会社勤めの勤労社労士と、開業している開業労務士がいて、両者には大きな差があります。

高収入になる可能性があるのは開業した社労士です。

最初のうちは取引先企業が少なくとも、徐々に顧客となる会社が多くなれば、扱う仕事が多くなり高収入になるという形です。

高収入の社会保険労務士も多いのは事実です。

とはいえ、社会保険労務士の資格が取得できたら常に高収入の仕事になるということではないようです。